FAQ 

よくあるご質問

Q.Burny社のG380ブラックモデルと同じものですか?

 G380はヨーロッパモデルです。ガス成分、圧力調整器の出力、ガス取入口の形状などが
日本とは異なります。G380JPは日本使用にノズル調整、国産プラグ追加等をおこなっています。
またキャビネットの2枚扉両開きは日本モデルのみとなっています。

 更に、ヨーロッパモデルのG380の左テーブルにはサイドクッカー(ガスコンロ)が接続されていますが、
日本では 販売規制対象製品となるため、現在のところG380JPにはサイドクッカーが無くテーブルとしてご使用いただきます。
湯沸しや油揚げ料理には別途、液石法ならびにガス事業法の基準をクリアーしたガスコンロ製品を別途ご使用願います。

Q.ガス屋さんに接続してもらえますか?

 ガス製品には安全にご使用いただくために多くの販売規制対象製品がございます。
ガス屋さんも基準を満たさない製品へのガス接続は出来ません。ガスバーベキューグリルに
関しましては、「液化石油ガスの消費量の総和が14キロワット以下のものであって、
こんろのバーナー1個当たりの液化石油ガスの消費量が5.8キロワット以下のもの」
は販売規制対象製品となります。G380JPは、販売規制対象製品ではございませんので、
ガス屋さんに接続してもらえます。

  但し屋外使用のプロパンガス製品ですので、ご使用なされるお客様は、
製品の取扱説明書をじゅうぶんお読みになられて理解し、
組立、操作、メンテナンスを適正におこなってください。

Q.5キロ以上のボンベは使えますか?

 G380JPは、高さが46.5cm以下のプロパンガスボンベを使用するように構造設計されております。
5キロのガスボンベは高さがおよそ45cm、一方8キロのガスボンベは高さがおよそ53cmございますので、
必ず5キロ以下のボンベをご使用下さい。

Q.都市ガスは使えますか?

 都市ガスはご使用になれません。LPG(プロパンガス)専用となっています。
都市ガスとプロパンガスは消費カロリーの違いだけでなくガスの成分も違いますので、
ガス種によってガス通路の材質が異なります。もしノズルを換えて都市ガスを使用した場合には、
ガス通路部品の腐食・損傷を早めガス漏れにつながります。

Q.焼いたお肉から落ちた油の処理はどうするのですか?

 バーベキューグリルの背面に簡単に引き出せるドリップトレーがございますので、トレーごと清掃してください。
またドリップトレーの中央に更に受け皿がございますので、脂の多い料理をされてる時には、一度火を止めて、
受け皿に溜まった脂を処分する事も出来ます。尚、ご使用中にドリップトレーは引き出さないで下さい。

Q.フレームタマーとはなんですか?

 バーナーとグリル(直火焼き網)との中間に位置する熱拡散部品(ヒートディフューザー)です。
バーナー端のロッドに載せて並べられています。燃焼バーナーから発せられる熱を均一に広げる働きと、
滴り落ちる脂からバーナーを保護する働きが有ります。
その為バーナーの種類にあった純正タマーが必要となります。


Top